ソープランド遊び方ナビ−システム・流れ−

ソープランド遊び方ナビ−システム・流れ− サイトマップ

  1. ソープランド遊び方ナビ TOP
  2. 九州・沖縄エリアのソープの特徴や料金相場
  3. 四国エリアのソープの特徴や料金相場
  4. 中国エリアのソープの特徴や料金相場
  5. 近畿エリアのソープの特徴や料金相場
  6. 中部エリアのソープの特徴や料金相場
  7. 関東エリアのソープの特徴や料金相場
  8. 北海道・東北エリアのソープランドの特徴や料金相場
  9. 全国ソープランドのある地域
  10. HIV感染リスクを排除する為の裏技
  11. 注意喚起!梅毒が増えているソープ界隈
  12. ソープ嬢は雇われではなく個人事業主!?
  13. 中出しと嬢とHIV
  14. ソープに地雷嬢っているものなの?
  15. NS、NNのソープ嬢の見分け方は?
  16. 大都市以外のソープは美人出稼ぎ嬢が多いって本当?
  17. NS/NNができる嬢としない嬢の違いは?
  18. 新人・未経験・素人・・・違いは何?
  19. ソープの醍醐味!マットを楽しむなら
  20. ソープランドは閑散期に遊ぶべき?
  21. 掘り出し嬢は大衆店に多い!?
  22. ソープランドをお得に遊ぶには?
  23. ソープ嬢の選び方
  24. 優良ソープランドの選び方
  25. 格安店・大衆店・高級店の違いは何?
  26. ソープランドの営業時間
  27. ソープランドの料金システム
  28. ソープランドとは

HIV感染リスクを排除する為の裏技

包茎手術を通してHIV感染リスクを下げる

image

まずソープで遊ぶ際に最も有用なHIV感染予防策になるのがコンドームを使うことです。

当然のことながらソープ嬢は日々第三者と身体を重ねる訳で、HIVを含む性病感染の総合商社とも言えますね。特に格安店の場合は留意しなければなりません。

しかしながら、ナマフェラ・クンニなどの無防備な性的接触やゴムが破けてしまうことでHIV感染のリスクが再燃する可能性も十分あります。

100%のHIV感染予防対策をすることはできませんが、コンドーム着用と複数の自称を組み合わせることで、そのリスクを最大限に低くすることが可能になります。

その一つが包茎手術をすることです。日本人の殆どが仮性包茎だと言われていますが、包皮にはHIV感染で最も初期に感染するランゲルハンス島が多く存在しており、包茎手術をして包皮を切除することがHIV感染を抑えることが可能になります。

また包茎手術をすることでペニスの衛生環境が整えられ、女性受けが良くなり、男性として自信が付き、ベッドの上で積極的になれることも付け加えておきましょう。

なかなか包茎手術をすることは大きな決断力を必要としますが、人生80年もしくはそれ以上、性生活に風俗を謳歌する為には、決して悪い選択肢ではないはずです。

性病検査を徹底しよう

image

HIVに罹患した男性は、決してそれ単体で感染しているわけではありません。あまり深くHIV感染まで考えていない男性が多いのですが、実際蓋を開けてみると、HIV感染者はクラミジアやヘルペス、梅毒など他の性病を同時進行で抱え込んでいる場合が殆どです。

つまり何が言いたいかというと、HIV感染は他の性病に既に感染していると、より感染力が高まることということ。

これを重複感染と言い、既に罹患した性病によって粘膜部が傷ついたりすると、HIVウイルスに感染する可能性が高くなるわけです。

この事実を逆手に取ると、いかに性病検査の大切さが分かると思います。男性の場合は多忙な毎日を過ごすことで、性病罹患の事実を単なる疲労や風邪、ストレスなどと処理してしまいがち。

その為感染初期に気づかず、そして適切な治療が出来ないケースが多発しています。性病感染の事実を知り、治療に臨むことは、単なる早期治療になるだけでなく、HIVの重複感染を防ぐ手段になるということを忘れないでください。

保健所などでは無料で性病検査ができますし、なんだか恥ずかしいという男性はオンラインで簡単に検査が可能なセルフキットで診断も可能なので、まずは性病に関する認識を変えていくことが重要です。

PEP、PrEP療法を考えることも推奨

image

最後に最終手段といえるHIV感染の予防法についても触れておきたいと思います。PEP療法というものがあり、これはHIVに感染した可能性が捨てきれない行為の後、3日以内にHIV治療薬を連続で服用し、感染リスクを下げる方法です。

1日2回の抗レトロウイルス薬服用を1か月続けることで、大幅な感染予防効果を果たすことが可能になります。

特にコンドームが破れてしまった、または行為後に女性の身体の不調に気づいた場合などに有効です。

また行為後にHIV治療薬を服薬するのではなく、毎日抗HIV治療薬を飲むことで継続的にHIVの予防を行う方法はPrEP療法と呼ばれています。

日本ではあまり知られていませんが、毎日の服薬を通してHIV感染予防を高めることが可能で、アメリカなどではパートナーがHIVに感染している男女や性風俗従事者によって支持されています。

服用忘れや副作用など懸念事項はありますが、HIV感染恐怖が神経症として結びついてしまうような男性にとっては、最大のお守りになり得る予防対策と言えるでしょう。

PEPもPrEP療法に関しても、クリニックを通して問診、処方を受ける場合は非常に高額な服薬代が必要になる為、多くの方は個人輸入と通して服薬をしているようです。

どちらにしても医師の継続的な診断が必要になりますが、ソープ遊びが止まらない、なおかつHIVに対する恐怖心が日に日に強くなっていく……、そんな男性には有用な選択肢と言えますね。

その他・全国のソープランドの地域一覧

〜全国ソープランドの特徴や料金相場〜

※2020年現在の独自の調査なので、当サイトで得た情報の使用に関しては一切の責任を負いません。実際にお出かけの際はご自身でお問い合わせの上ご確認ください。