ソープランド遊び方ナビ−システム・流れ−

ソープランド遊び方ナビ−システム・流れ− サイトマップ

  1. ソープランド遊び方ナビ TOP
  2. ソープランドに外国人女性はいる?
  3. ソープランドでアナルセックスをする理由
  4. ソープランドで女体盛りはできる?
  5. ソープランドで注意すべきSTD感染と予防対策
  6. NG客と出禁の違いとは?何をしたら出禁になるの?
  7. ソープランドで3P体験したい人必見
  8. ソープランドで童貞を卒業しよう
  9. ガチのソープ初心者は行く前に必読!
  10. ソープランドでのルール・マナー
  11. ソープランドがオススメの人
  12. ソープランドで出来ること
  13. ソープランドは本番が出来る?

ソープランドで注意すべきSTD感染と予防対策

ソープランドでSTD感染が多いは誤解!

image

昔はトルコ風呂と呼ばれたソープランド。日本で唯一自由恋愛というグレーラインで本番セックルができる場として風俗史に名を残してきました。本番セックスの風俗をトルコと形容したことで、トルコ人の怒りを買ってその名をソープランドにしたという雑学はさておき、その利用者にとって気になるところは「病気貰わないかな?」ということ。

本番ができるイコールSTD(性感染症、以下STD)が蔓延していると勘違いしがちですが、実際は異なります

NS嬢も多いし、ハードはセックスをしていて多くの男性を相手にしているのに、何故にSTD感染が爆増していないのでしょうか。その答えはお店、女性のSTDに関心、知識、予防対策がデリヘルやヘルス以上に管理されているからです。

つまり挿入の有無ではなく、一番大切なのはそこで働く女性たちの衛生観念、知識が伴っており、お店が一体となりSTD対策をしているかということです。一般的にソープランドは本番行為が伴う為、他の風俗店と比べてもSTD感染に対する啓蒙、検査を充実させており、それが大きなSTD感染防止に繋がっているのです。

ソープ利用で苦慮すべき性病まとめ

image

ソープを利用していたら病気を貰った!こんなネガティブな意見を聞くことがありますが、確かにソープランドでリスクの高い生挿入、中出しをしていてSTDに感染する方は勿論います。しかし実はその感染経路は必ずしもソープランドとは限らずSNSや掲示板、アプリなどでカジュアルな出会いを重ねているパターンが多い為、その感染ルートを把握することは難しいのが現状です。

ここではまず性病管理体制が整っているソープでも感染を危惧しなければならないSTDはあるので、それらについて解説していきます。まず最初に考えられるのは梅毒HIVでしょう。

特にHIVは感染力が低いことで知られますが、基本血液、膣分泌液、精液などを介して感染します。通常生でセックスをしていてもその感染確率は0.1〜1.0%程度。アナルセックスだと若干リスクが上がりますが、梅毒に感染していることで、HIVに感染しやすくなります

例えばお客自身が梅毒に感染していたことを知らずにHIV感染したソープ嬢と交わった場合、HIV羅患確率がグンと高くなるのです。梅毒に関してもHIV同様に以前は不死の病と呼ばれていたこともありましたが、現在はウイルスの駆除はできないものの抗生物質を服用することで発症を留めることができます。

梅毒感染は昨今性の低年齢化や無防備なセックスから年代を問わず増えてきているので、知らずに感染、そしてまた誰かに感染させてしまう負のスパイラルを生みます。

またクラミジア淋病もソープランドで働く女性に多く羅患していることが分かっています。前述のHIV、梅毒に比べると軽度に感じますがクラミジアは男性にとっても排尿痛や不妊の原因、淋病もクラミジアと合併して感染することが多く尿道炎や無精子症になる場合もあります。

この他にもヘルペス毛じらみなどのSTDに感染する場合も少なくありません。

いくらソープランドはその他の風俗店よりも意識が高いと言っても、最初から最後までコンドームをしている方は少ないはず。だからこそマットプレイなどの密着プレイはなるべく避け、そしてフェラチオや挿入の際にも終始コンドームを装着することが大切な予防対策になってくるのです。

ソープで注意すべきはこんなパターン

image

ソープには高級、大衆、格安店の3パターンの階級といいますか、サービス、女の子の質、値段に依存するお店が存在することは皆さんもご存知でしょう。ソープならどこも同じと考えている方は、きっと穴があるし、そこに挿入できるのだからソープは安かろうがベストと考えてしまう方だと思います。

しかしSTDに対して慎重になるのならば、高級店を利用するべきであり格安店は若干のリスクを伴うことを肝に銘じておかなければなりません。つまり高級>大衆>格安店の順で、STDに関する関心度、知識に予防力が高まるからです。

実際格安店などは意外にフットワーク軽いソープ嬢が少なくなく、仕事、プライベートに関わらずナマで本番をしていたり、そもそもSTDの知識がほぼ皆無という女性も少なくありません。またソープの中でも格安店は、もはや当然ですが値段が経済的なので、ナマ本番、または中出し本番を早い回転率で処理していること、それが大問題です。

STDに羅患するか否かは博打的要素が高いですし、どの女性がどんな種類の病気を持っているかは明確に判断できません。また女性はSTD感染の事実がダイレクトに仕事に悪影響を与えるので、その感染事実は基本的に言及しません

その為コスパだけを追求した本番遊びはSTD感染という観点から見るとリスクが高く、逆に高級に属する女性はそれに対する意識が高いだけでなく、それなりの層の男性客しか利用しない為、必然的にSTD大爆増のリスクが少なくなっているのです。ソープ利用を考えている方は諭吉の数だけに注視せず、このカラクリをしっかり理解してから遊んで頂ければ幸いです。