ソープランド遊び方ナビ−システム・流れ−

ソープランド遊び方ナビ−システム・流れ− サイトマップ

  1. ソープランド遊び方ナビ TOP
  2. 地方のソープもあなどれない
  3. 貪欲な人妻嬢と極上体験
  4. 完全業界未経験のソープ嬢
  5. ソープといえばマットプレイ
  6. 二輪車は自分へのご褒美
  7. 高級ソープでNS体験
  8. 初めてのソープランド

ソープランドのリアル体験談

実際にソープへ行って遊んだ生の体験談!どんな濃なサービスがあったのか?予想外の出来事はあったのか?エロくてリアルな体験談は初心者からヘビーユーザーまで必見です。

風俗に関するホントのコト

疑問や本音、裏側まで風俗のどんな疑問でも気軽に質問できる風俗専門Q&Aサイト!
ちょっと気になるあんなコトからとっても悩んでるこんなコトまで何でもOK。
まずは過去の質問や回答をみに行ってみよう!

風俗Q&A ドットコム   へGO!指マーク

完全業界未経験のソープ嬢

地域:九州  /投稿者名:短小  /満足度:70点

長年利用しているお店の店員から連絡がありました。
私は綺麗に遊んで金払いがイイ(けしてお金持ちとかではありませんが)という事で、お店からは「イイお客さん」として扱われています。
女の子は相性もあるのですが、あまり嫌われるといったことはありません。

たまに私が好みそうな外見に業界未経験の嬢が入ると、頼まれる事があります。今回もそのご連絡です。

20歳学生。プライベートでの経験人数は3人でお客は私が1人目ということです。
なんでまた風俗嬢に??と思うような童顔で色白でちょっと大人しそうな子でした。

最初は軽く会話でも、と思って話しているとビックリするほどあっけらかんと自分の事を話してきます。

どうしても家を出たくてお金を溜めたいからお水の友達に相談してお店に体験入店させてもらったけれど、お酒が好きじゃないしトークも上手でない自分には向かなかった。
次にオナクラとか紹介されたけど、どうせ風俗なら短期間で目標額を溜める為に1番収入の良いジャンルを選んだ、と。

そんなもん??時代はかわりましたなぁ。

そうは言っても緊張したり震えたりするのが新人さん。と思ってイいましたが・・・。
服を脱がせてくれるのもぎこちなさはありますが堂々としたもんです。
前を隠すでもなく「こんな感じで大丈夫ですか?」と真顔で聞いてきながら淡々と洗ってくれます。

ホントに風俗初体験???と疑いたくなる腹の座りっぷりです。まぁ動きが素人なので未経験は本当かもしれません。

若い肌はやはりイイです。こっちの気持ちも若返ります。

背中や乳首を攻めるとくすぐったいという感じでの反応はありますが、喘ぐとか気持ち良いとかの演技をするようなそぶりはありません。

自分で太ももを持って足を開かせました。普通はかなり恥ずかしがります。
が、この嬢はしっかり足を開いて「このあとどうしたら良いんですか?」とこれまた真顔で聞いてきます。

そのまま持ってるように言ってクンニを始めました。優しく優しくじわっと攻めると息遣いは少々荒くなってきました。

クリをツンツンしたと口の中で転がすように吸い付くと「・・・・っっ!」と声を我慢したような感じで頭を剥がそうとします。
が、忠実に自分の太ももも持っているので頭を剥がす事はできません。真面目な子なのでしょう。

次第にトロリと愛液が出始めました。さっきまでの真顔から少し高揚したような色気のある表情に変化があります。

どんどん愛液が溢れます。相変わらずあまり喘ぎませんが、体はしっかり反応し始めました。

軽くフェラをしてもらい(いたって普通のフェラ)ゴムをかぶせてもらって合体。
忠実すぎる嬢は、合体する時も自分で太ももを持って足を広げていました。

根元まで挿入して動かずにいると「?」という顔をしています。
「あぁ。しばらくじっとしていると膣とチンコが馴染んでくるんだよ」と言うと感心していました。
「今までそんな事する男性に会ったことないです」と正直な子だ。

痛くないかとか軽く会話をしてゆっくりと腰を動かしました。多少の声は出ましたが、演技を入れるような子ではなく心配しました。でも実はそれなりに気持ち良くなってくれたようです。

「気持ち良かったです」と言われたし(イってはないけどさ・・・)声を我慢したのか手に力が入っていたようで、太ももに爪の跡がしっかりついていました。

若いオマンコを堪能して発射した後は、ゆっくりお風呂に入って残りはまた雑談しました。
続けられそう?とか色々話していると「本当はマットもしないとですよね〜。練習したいので明日もこれませんか?」って新手の営業か!?(笑)いや、多分本気だ。

もうちょっと愛想と笑顔を出すのが先かもね〜と伝えて1週間後にまた来ることを約束しました。

若いというのはテクニックがなくても素晴らしいです。 辞めてなければ育てていこうと思います。