ソープランド遊び方ナビ−システム・流れ−

ソープランド遊び方ナビ−システム・流れ− サイトマップ

  1. ソープランド遊び方ナビ TOP
  2. 九州・沖縄エリアのソープの特徴や料金相場
  3. 四国エリアのソープの特徴や料金相場
  4. 中国エリアのソープの特徴や料金相場
  5. 近畿エリアのソープの特徴や料金相場
  6. 中部エリアのソープの特徴や料金相場
  7. 関東エリアのソープの特徴や料金相場
  8. 北海道・東北エリアのソープランドの特徴や料金相場
  9. 全国ソープランドのある地域
  10. 注意喚起!梅毒が増えているソープ界隈
  11. ソープ嬢は雇われではなく個人事業主!?
  12. 中出しと嬢とHIV
  13. ソープに地雷嬢っているものなの?
  14. NS、NNのソープ嬢の見分け方は?
  15. 大都市以外のソープは美人出稼ぎ嬢が多いって本当?
  16. NS/NNができる嬢としない嬢の違いは?
  17. 新人・未経験・素人・・・違いは何?
  18. ソープの醍醐味!マットを楽しむなら
  19. ソープランドは閑散期に遊ぶべき?
  20. 掘り出し嬢は大衆店に多い!?
  21. ソープランドをお得に遊ぶには?
  22. ソープ嬢の選び方
  23. 優良ソープランドの選び方
  24. 格安店・大衆店・高級店の違いは何?
  25. ソープランドの営業時間
  26. ソープランドの料金システム
  27. ソープランドとは

中出しと嬢とHIV

中出し嬢イコールHIV罹患率が高いわけではない!

image

中出しは好きですか?

大概のエロ男性ならば、中でグッと溜めてきたものを出す瞬間に悦びを見出すはず。子作りだとかモラルはとりあえずさておき、ソープランドでは日夜中出しプレイという男と女のエロドラマが繰り広げられています。

さてどんな風俗を利用するにしろ、性病感染、そして最大の恐怖HIV感染を防ぐ為には最初から最後までのコンドーム着用が望まれ、本番ありのソープなら尚更です。

ソープにはNN嬢(ナマ中出し)、NS嬢(ノースキン)という区分がありますが、両者大きな差はなくコンドームナシで中出しをするということ。(NS嬢の中には外出し希望の場合もありますが……。)

さて粘膜部の接触、そしてナマでペニスを挿入し中出しすることは、もはやリスク以上の何者でもないわけですが、実際ソープで中出しイコールHIV感染率がグッと高まるわけではありません

あくまで女性とお店の性病感染対策、啓蒙の程度、そしてお客の回転率がキーポイントになってくるので、ソープでの中出しセックスを一括りに超絶リスキーと考えるのはまた異なる話しなのです。

お店のステータスによるHIV感染リスク

image

まずHIV感染についてですが、お客もソープ嬢もリスクを背負います 。ただし春をひさぎ、そしてナマ中出しを常とする女性の中で果てる危険性を考え出したら、もう負のループに陥ってしまいそうですね。

しかしながらソープの中でもリスク管理は各々異なり、HIV感染頻度、その他のSTD感染罹患率はお店の序列によって大きな相違を見せます。格安になればなるほどHIVを含む性病感染の可能性が高く なり、高級店になればなるほどそのリスクは減っていくのです。

格安でも大衆店でも中出しによるセックスをOKとするソープ嬢は少なくありませんが、何故に高級店と差がでるのか?それはお店側がより徹底した性病管理と性病検査を義務付けているからです。

勿論高級店の女性と生中だしプレイを推奨するものではありませんが、高級ソープは性風俗の中でトップを走る衛生対策と女性達の性病知識、健康管理を徹底しています。意外や意外にソープの中出しプレイ以上に格安デリヘルやヘルスの方が、女性の意識不足、お店のずさんな衛生管理にお客の回転率の高さから性病感染率は高いんですよ?

ソープ通いを続けながらHIVを予防する

image

最近巷で流行しているのがHIV単体の感染ではなくクラミジアや梅毒などに感染し、免疫力が低下し粘膜に傷がついた際のHIV感染です。これらはいわゆる重複感染と呼びますが、中出し嬢からHIVを感染させられるかもと心配をする前に、今一度自分自身の体調管理を見直してみましょう。

日常生活でペニスやアナル部などの粘膜部位に痛みを感じたりイボができていませんか?ヘルペスと思しき水疱が顔などにできていないか、これらは自分自身でもある程度把握可能です。

ソープそしてデリヘル以外にも性的接触が複数ある場合は、まず性病チェックを行い、日々の健康管理をしていきましょう。最近はクリニックに行かずとも検査キットで性病罹患をチェックできるので、病院や保健所での検査には行きづらいという方も安心です。

なおPrEPと呼ばれるHIV感染予防を目的に抗HIV薬のツルバダ、またはそのジェネリック医薬品を毎日服用することでHIV感染確率を80%以上減らすことが可能ですが、残念ながら日本ではあまり浸透していません。

感染していないのに抗HIV薬を服薬することに抵抗こそありますが、ソープ通いが辞められない!コンドームはやっぱりつけたくない……という男性は、HIV感染リスク回避の一つの手段として導入するのもアイデアかもしれません。

ワクチンが開発されていな現状、コンドームと同様にこのPrEP療法は性生活のQOL向上に一役買ってくれるはずなので、NN嬢との自由恋愛の駆け引きから抜け出せないあなたはレッツトライ!

その他・全国のソープランドの地域一覧

〜全国ソープランドの特徴や料金相場〜

※2020年現在の独自の調査なので、当サイトで得た情報の使用に関しては一切の責任を負いません。実際にお出かけの際はご自身でお問い合わせの上ご確認ください。