ソープランド遊び方ナビ−システム・流れ−

ソープランド遊び方ナビ−システム・流れ− サイトマップ

  1. ソープランド遊び方ナビ TOP
  2. ソープ嬢が好きな客ってどんな客?
  3. ソープ嬢と何を話したら良い?

ソープ嬢が好きな客ってどんな客?

ソープ嬢の思う「良客」と客が思う「良客」にはズレがある?

image

ソープ嬢の好きな客ってどんな客だと思いますか?
お金持ち?若い?イケメン?テクニシャン?
どうせそういう男が好きなんだろう。そんなことを少しでも考えた事はありませんか?

そう考えているつもりはなくても、若くないし…不細工だし…こんな俺の相手とか嫌かな… そんな風に考えてしまったことはありませんか?

こんなのは客の妄想でしかりません。

ソープ嬢が好きな客は「当たり前のことを当たり前にして綺麗に遊べる客」です。

そんな簡単なの?簡単なんです。世の中当たり前のことを当たり前に出来ない輩が多すぎるんですよ・・・。
では、その当たり前のコトとはどんなことか具体的に見ていきましょう。

1位.清潔な客

image

ほら。さっそく1位が当たり前のコトですね。
これからあんなことやこんなことをするんです。清潔にしていくのは当たり前ではないですか?

最初に歯磨きやシャワーがあるから〜と不潔なままや臭いままで行くとソープ嬢には確実に嫌われます。

最初に歯磨きやシャワーをするのは「綺麗にしてきてるけど、すべて綺麗か確認する行為」と捉えておきましょう。

汚いと洗うのも億劫ですし、綺麗にしてきた客と汚い客では洗った後でも違いがわかるそうです。

好きな人の前や大事な商談に、汚い恰好や不潔な状態で行きませんよね?
ましてや体を密着させるのですから、最低限綺麗にしていくのは人として当たり前なんです。

不潔なイケメンより清潔なブサメンが好き。これはもう常識です。

2位.優しい客

image

サービス大国日本では勘違い客が多いのも悲しい事実です。お金を払っている客は神様だと思っているんですね。何をしても許されると勘違いしてしまっている人がいるんです。

ソープは本番行為があるので本番強要はありませんが、扱いやプレイが雑だったり横柄だったり。無理やりイラマチオしたり精子を飲ませようとしたりも暴力と一緒です。

ソープ嬢が痛い、嫌だと思う事はしない

人様に対して当たり前のことですよね。 ソープ嬢を1人の女性として優しく扱い、帰り際に「ありがとう」と言って去る。これだけで「良客」です。

ここまでの2つは常識のある大人の男性なら当たり前に出来る事です。

3位.さっさと帰る客

image

まだプレイ時間があるのに帰れという意味ではありませんので悪しからず。

部屋に着く前から執拗に濃厚なプレイをしようとしたり、時間ギリギリまでプレイしようという客は少なくありません。

ソープ嬢は客が帰ったら部屋を整えて自分の身支度を整えて次の客を迎えます。実はバタバタなんです。

時間を守って約束の時間内に身支度を済ませて帰る。これだけでも結構助かるのです。

オキニ嬢なら別れも名残惜しいですが、いつまでもイチャイチャしませんように。
終わったら「またね」と爽やかにさっさと帰る客が好かれます。

4位.プライベートに触れない客

image

ソープ嬢は身バレやプライベートがバレる事を酷く嫌います。
しかし、他愛もないお喋りの延長として住んでる場所や出身校など軽く聞いてくる人は多いんです。

他にも仕事をしている理由や稼いでいる額など、図々しい質問をなげかけてくる客もいます。

連絡先を聞こうとしたり、仮に教えてくれても店に来ないのにラインばかりしてくる、店外で会おうとするのも迷惑です。

ソープ嬢とはお店で会っている時だけの恋人として楽しんでくれる遊び方が綺麗な客が大好きです。

5位.本指名客

image

ソープ嬢も人気商売です。プライドもあるし指名が多ければお店での待遇が変わる場合もあります。

何よりも稼ぐために仕事をしていますから、指名が多いい方が稼げます。

フリーで「誰でもいいや」と思われている客を相手にするより「君がいい」と言ってくれる客の方が嬉しいですよね。 やる気もでるし頑張ろうと思えます。

勘違い恋愛をしてくる客は困りますが、定期的に自分を本指名してくれる客は大切で大好きな存在です。